青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2012/08«│ 2012/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2012/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:29:35
 ここ最近、少しだけ仕事の方がばたついております。
 仕事の余裕が無いからって、人間の余裕が無くならないようにしたいものですね。

 さて、海の向こうの隣国では、結構な騒ぎが起きているようで(実際は、それどころじゃ無い話なんですけどね)。事の如何と是非については今さらなんですが、幾つか解からない事があるんで、ここに記す事にします。
 その1 あの連中、こっちに何をして欲しいのかね。
 その2 あれってもう、デモじゃ無くて単なる暴動だよね。何で、デモって言い続けるのかしら。
 その3 邦人の生命と財産が明白に危機にさらされているってのに、この国の政府は何のアクションも起こさないのは、どうした訳でしょうね。少なくとも、渡航自粛勧告とか、帰国勧告とか出しても良い筈なのにね。
 後、いわゆるデモとやらの映像を見ていて抱いた感想は、義和団とか文革とやらの時って、こんな有様だったんだろうなって辺りですかね。
 進歩の無い連中だな。いや、民衆に進歩されちゃ困る統治機構なのかもしれませんね、あちらは。
 で、今回の一連の騒動に対する個人的な感想は「自分の我が侭が通らなかったんで、かんしゃく起こして、おもちゃ箱を引っくり返しているガキんちょと変わらんな」ってトコですかね。 
スポンサーサイト

22:18:06
 世の中には、上意下達と言う言葉があります。また、何らかの組織である以上、上下関係と言うものは存在しますし、それが円滑に働かない組織はダメ組織です。
 でもね、だからと言って、上のモンは下に対して、何言っても良い、何しても良い、下はそれに無条件で従わなければならないって訳では無いと思うんですよ。
 それが重要で、かつ及ぼす影響が大きいものならば、余計に根回しと言いますか、決定以前の話し合いが大切だと思うんですよね。
 突然に決定事項だけを伝えて従えってのは、リーダーシップじゃ無くて傲慢な横暴ですよ。
 汚染廃棄物の処分場と尖閣諸島の問題に対する政府の姿勢を見て、兵六はそんな事を感じました。
 反対意見を初めから受け容れる気も、聞く気も無いってのは、話し合いとは言わないよな。

 先日のCOMITIA101の感想なんですが、改めて言う事では無いかもしれませんが、特に大きい字で書かれていた事は、120パーセント冗談ですので。兵六は、タチの悪い冗談が好きな、ロクデナシとご理解下さい。
 後、一つ書き忘れていたものがありました。

 オマケ漫画が続き物って、始めて見たわ。

22:37:08
 本日開催されました、COMITIA101、お疲れ様でした。
 当POINT-ZEROは新刊無しの体たらくでございました、申し訳ございません。
 レポートに書く事も、それ程無かったので、今回は箇条書きで。

 雨、降っちゃいましたね。持って行った傘は使わなかったけどね。

 AKBは凄いねー。音楽云々は良く解からないけど、ショーバイとしては凄いって思いますよ。

 ミスターさん、ごめんなさい。

 腎臓って、2つあるんですよ

 以上です。
 うん、我ながら何やってたんでしょうね。
 次回のPOINT-ZEROのイベント参加は、秋となります。その際は、どうかよろしくお願いいたします。

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数: