FC2ブログ
青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2013/10«│ 2013/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2013/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:33:49
 うーん、秋が短いなあ。何と言うか、気付けば冬になっているような案配ですね。ひょっとしたら、10月くらいは良い具合に秋だったのかも知れませんけど、その頃仕事と原稿書きしかしてなかったからなあ。
 いかん、随分と空しい話になって来ちゃった。

 気付けば11月も下旬に差し掛かろうとしていて、今年も残り50日を切っているような頃合いなんですが、天文好きには注目すべきアイソン彗星の接近が起こってますね。昨日辺りで5等級と言う辺りだそうで、このまま行けば肉眼でも観測出来るようになるかなあ、と思っていたら、ちょっと気になるニュースが。独逸の天文台が、核が分裂したとの観測報告を行ったとか。ここ最近の増光が、コレが原因となると、近日点通過後の観測が難しくなるかも知れませんね。近日点通過後の方が見易いみたいなんで、何とか頑張って欲しいものです。
 現在の予測では、地球への最接近は12月27日頃。天文ファンへ、少し遅いクリスマスプレゼントを期待したいところですね。
 つーかね、一辺で良いので、尾を引く彗星って奴を見たいんですよ。明るい都会に住んでいる限りは、難しいのかなあ。

 
スポンサーサイト

20:11:34
 寒くなって来ましたね。まだまだ気温はそう低く無いんですが、風が冷たくなって来ました。まあ11月ですんで、ぼちぼち冬支度って辺りですね。
 季節の変わり目と言いますか、朝晩の寒暖の差が激しいですね。もう兵六はすっかりやられてしまいましたよ。皆様もどうぞ、ご自愛下さいませ。

 さて、以前より告知して来ました通り、DTIブログのサービス停止に伴いまして、FC2ブログへと兵六日記は移転致しました。旧日記は本日をもって、削除致しました。
 もちょっと手間が掛かるかと思ってたんですが、意外とあっさりと終わりましたね。まあ、世の中良く出来ているわ。
 それに併せてと言う訳ではありませんが、本サイト「煉瓦壁」で、今年発行致しました「変人伯爵の暇つぶし」と「月見酒」のページを新設致しました。
 「月見酒」は無料頒布本ですので、PDF化して全文ダウンロード可能としてあります。
 よろしければ、ご覧下さい。

 ガンダムのネトゲで口論となった末、リアルで相手を刺してしまうと言う事件があったとか。
 何と言うかね、ゲームでそこまでするかね。兵六も艦これにはまり込んでいる身として、全く他人事とは言いませんけど、ものには限度があるし、越えちゃいけない一線ってえモンがあるでしょうに。
 さらに言えば、当事者の年が31と32。しかも刺した方は無職。
 ネトゲやる前に、働けや。
 家に閉じこもってゲームばっかしてるから、ちょっとした事で抑えが利かなくなるんだろうに。
 刺された方は災難だけど、何とも情けない事件ですな。

21:18:01
 先日開催されました、第十七回文学フリマ、お疲れ様でした。
 当日は、また雨でしたよ。何と言うか、この秋は、創作系即売会は雨にたたられましたなあ。9月の本の杜は台風直撃、10月のCOMITIAは台風とまではいかなくとも、えらい土砂降り。んで、昨日はまあそれらに比べれば大人しいけど、やっぱり雨。
 雨じゃ無かったのって、兵六が参加したのではサンクリくらいだったなあ。これが欲望の差か(←違うって)
 会場はTRCと言う事で、随分久しぶりだな、そうさく畑以来かなあと思いつつモノレールへ。相変わらず、ジェットコースターかと思えるくらいにアップダウンとカーブのきつい乗り物だなあ。立つ人間が乗る事なんて、考えてなかったんじゃなかろかね。
 到着、現地も雨。浜松町からこっち、随分とキャリーカートを持っちゃいるけど、旅行に行く風では無い人間(=お仲間)が多いなあと思う反面、あれにしちゃあ派手な姉ちゃんが多いなあと思っていたら、隣の建物で別イベントやっていたんですね。間違えて、そっち行っちゃいましたよ。サークル入場待機列の中に、ちーず書店のちーず。さんを発見。真っ直ぐこっちに来てれば、屋根の下に並べたかなあと思いつつ待つ。
 どうやら主催側が天気を考慮してくれたらしく、予定より若干早く開場。有り難い事。
 初めての文学フリマだったんですが「あ、ここが他の即売会と違うな」と言う点が4つ。1つ目はスペースが広い。左右は長机で変わらないんですが、後ろのスペースとの間がね、もう広いの。あれやこれやと持って行くワタクシのような人間には、有り難いですね。2つ目は、参加登録がされないと言う事。まあ、それをやるにはスタッフさんの手が足りないのかな。入場証に番号が振ってあるから、それで管理するんですかね。3つ目、サークルの欠席率が低い。兵六が見た限りではいなかったように見えます。みんな、気合い入れているのね。そして4つ目、遅くまで買い手がいる。主催側もアナウンスしていましたが、他の即売会だとまばらになっている時間にも、まだ買い手がいます。おかげで、買いに出るタイミングが掴めないの。ぼっ…もとい、ロンリーな参加だと楽しめ切れませんね。よし、次ン時は留守番を連れてこよう。
 ただ、次回開催が5月5日、春のCOMITIAと重なっているんですよね。さて、どっちにするか。個人的に、5月のCOMITIAには思い入れがあるので、ちょっと考え中。
 今回の文学フリマをもって、2013年のPOINT-ZEROの即売会参加は全て終了致しました。
 お世話になりました皆様、どうもありがとうございました。また、来年もよろしくお願い致します。
 尚、来年の参加は、2月のCOMITIA107、サンクリ62を予定しております。

 さて、文学フリマで頒布致しました「月見酒」に関する言い訳を二つばかり。
 1つ目、これはなんちゃって時代劇です。細かい考証はご勘弁下さい。2つ目、光三郎の氏素性ですが、長屋の大家と土地の御用聞きは知っています。
 以上。
 そして、今回の教訓「艦これやりながら、原稿は難しい」
 

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。