FC2ブログ
青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2014/04«│ 2014/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:29:17
 まずお知らせから。
 創作文芸支援と同人誌感想 投稿サイト「Stray Cat」様にて、拙作「ファントム・ペイン」が紹介されております。
 http://text-revolutions.com/review/
 投稿をして下さった方に、感謝を。
 Stray Cat様には、他にも素晴らしい作品が多数、紹介されております。是非、ご訪問下さいませ。
 ようし、これで次はティアズマガジンへの掲載だ(←相当に難しい)。


 まあ、いつかはこんな事が起こるだろうなあとは思いました。
 先日の、AKB握手会での裂傷事件への感想です。
 兵六は、かの握手会なるものに参加した事はありませんが、いつぞやのティアの時、隣のホールで開催されていたのを、ガレリアからチラ見した事はあります。
 その時は、コミケ並の人出に、すげーなーと言う感想ぐらいしか無かったんですが、あれだけの人間がいれば、お馬鹿さんの一人か二人はいますわな。
 一つ気になるのは、周りにいた警備員とやらは、何をしていたんだろう、って事。居合いじみた真似をした訳でもなければ、何かしら出来る時間はあったと思うんですけどね。頭数だけのカカシを揃えて、万全の警備体制とか言われても、被害に遭った娘はかなわんだろうなあ、と勝手に考えたりしております。
 今回は幸い軽傷で済みましたけど、ファンを名乗る暴漢の仕業は、時として最悪の結果もあり得ますからね。
 ところで、夕方のニュースで被害にあった娘の退院の様子を生中継してましたけど、そこまでする事かなあ、とファンでも無い人間は思ってしまうのでした。

 さて、暑くなってきましたね。
 何でも今年は去年ほどには暑くならないそうですが、それは涼しいって事とは違いますよね。
 ホンット、かなわないなあ。
 暑いの、キライなんですよね。暑いから。

 先週のblogで書き忘れた事が一つ。
 暑かったんで、シャツの袖をまくっていたんですが、露出していた所(具体的には、手首の辺り)を、思いっきり日焼けしてしまいました。それも、真っ赤になる程に。
 もうね、普段日に当たっていないから、少しの紫外線でその有様ですよ。
 少しの日光でもアウト。これを吸血鬼みたいと取るか、布団のダニみたいと取るか、ワタクシは乾いた笑いと共に後者を選んでしまうのでした。
スポンサーサイト

21:55:45
 お久しぶりです。
 いい加減に放置していましたら、広告が表示されてしまいました。ははは。

 先日の日曜日、友人をたぶらかしまして、ちょいとお出かけして参りました。
 まず行ったのは、「霞ヶ浦駐屯地開設61周年及び関東補給処創立16周年記念行事」
 ……某所のblogでも指摘されていたけど、長いタイトルだなあ。もちっと、短くは出来なかったものか。
 まあ、名前は置いておいて、ようは自衛隊の基地開放イベントですね。何分、いい年こいてガキみたいなものが好きなので(これを体裁良く言うと「いつまでも少年の心を忘れない」となります)、戦車だー、ヘリコプターだー、ってなノリで行って参りました。
 この手のイベントに来る人間ってのは3種類でして、家族連れかカップルかマニアと相場が決まっております。まあ、そのマニアな方々の持っているカメラの凄い事。まるでコミケのコスプレ広場みたい。それ位、結構な器材を皆様お持ちでしたよ。
 実際に見た感想としては「あ、結構ヘリって小さい物だね」って辺りでしょうか。特にAH-64Dは、イメージより二回りは小さく感じました。
 軽いアクロバットを披露していましたが、これがかなり機敏。見ながら兵六「あー、俺が歩兵だったら逃げられんなあ」と、妙な事を考えておりました。
 後、戦車はいい加減エンジンを掃除した方が良いと思うの。客乗せる物が、あんな黒煙吐いちゃいかんよ。
 因みに、来年以降このイベントに行こうとお考えの方へ。駐車場は十分な広さが確保されているようですが、かなり混みます。出来るなら、電車と用意されているシャトルバスを利用した方が、スムーズに会場入り&出が出来るように思えました。

 で、イベントも終わった、腹も減った、何か食おうとなりまして、向かった先は何と大洗。冷静に考えると、腹が減ったからで足を伸ばして良い距離ではありません。やはり人間、腹が減っていると、まともな思考は出来なくなるみたいです。
 大洗では漁協直営とか言う店で食事。味は結構だったんですが、ちと飯の盛りが少なかったかなあ。ビールを飲んだからトントンに出来たけど、食べるだけだとおかずのヴォリュームが有り過ぎるように思えました。

 飯も食ったぞ、さあ帰ろうとなりまして、友人の自宅の都合もあり、大洗から北関東自動車道から東北道経由で帰る事に。これが何と2時間はかかる、北関東ぐるっとコース。最終的には北関東の中程を一周するような、えらいドライブになるんですが、ルートを決めた時にはそこに気付きませんでした。やはり人間、酒が入っていると、まともな思考は出来なくなるみたいです(因みに、運転役は一滴も飲んでいません。念のため)。
 北関東自動車道はスムーズだったんですが、東北道で渋滞にはまり、若干難儀。
 そこでルートをぼんやりと見ていた兵六、無責任にも提案します。
「羽生SAの、鬼平江戸処に寄らない?」
 流石、運転もしなければ、明日がoffな人間は言う事が気楽です。
 それに対する運転役の返事は
「トイレ休憩を兼ねて入る」
 正論です。
 聞くところによれば、SAに入るだけでも行列と言う人気ぶりなんだそうですが、兵六達が訪れた時は時間が良かったのか、混んではいたけど入れない事はありませんでした。
 で、件の鬼平江戸処ですが、
「すっげえリアル!」
 余り広くはないのですは、建物は良く出来ています。まあ、太秦映画村みたいなものですが、それが鬼平の作中風景の再現と言う辺りが面白いですね。実物大ガンダムに通じるものがあるかも。
 お目当ての「五鉄」で軍鶏鍋をと思ったんですが、軍鶏鍋は平日のみとの事で断念。腹具合とも相談して、軍鶏つきの一本饂飩を注文。
CA3I0128_convert_20140519213755.jpg
 七味は、兵六がぶっかけたものです。
 作中では、つけ麺として食べていましたが、ここではかけのように食べます。
 うどんの食感は、武蔵野うどんに近いのか、しっかりとしたものです。見ての通り、うどんそのものにも味がついています。まあ、これだけの太さなので、なまじ茹でただけでは、味のしないものになりそうですしね。
 で、味ですが、これは美味しい。ちょいと濃いめの味が、いかにも江戸って感じですね。
 腹がすいてりゃ、もっと美味かったんじゃなかろうか。
 お土産コーナーにて、以前来たけど混んでいて入らなかったと言う父親にお土産を買い、後にしました。

 で、その後はまっすぐ帰宅。
 結論から言うと、目的地は、一つか二つにしておいた方が良いね、って辺りでしょうか。
 あー、疲れた。

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。