青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2014/10«│ 2014/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2014/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:02:00
 今日のブログ更新は二本立て。
 後に回すと、ほぼ放り出すだろうから、忘れない内に記事にしておきます。
 この度リニューアルしました、クロウズ・シリーズの表紙のメイキングです。
 まあ以前から、表紙を何とかしなさいと言われましたし、自分でもそう思ってました。
 本来であれば絵で飾るのが良いのでしょうが、兵六は諸般の事情で特にカラーは描けませんので、どうしようかと考えたあげく「そうだ、写真にしよう。イメージフォトみたいな感じならいけるんじゃないかな」と浅知恵を働かせまして、表紙のリニューアルに着手しました。
 イメージフォトと言っても、大した物を揃えられる予算もありませんので、ベタと言えばベタなんですが、銃、煙草、酒、そしてヒロインのマリアを象徴するアイテムで絵作りをする事にしました。
 用意した小道具です。

 その1 銃と実包
gun.jpg
 銃はS&W M586。クロウズの銃は、S&WのLフレームモデルとの設定ですので、こちらですね。モノはクラウン社製のエアガンです。因みに同モデルでは一番の安物。
 実包はモデルガン用の.357マグナム弾ダミーカートリッジ。ここからが流石玩具でして、シリンダーと径が合ってません。仕方が無いのでアンコを噛ませた上で装填しています。見えないから判らないと思いますけど。

 その2 ファントム・ペイン用、煙草と灰皿
cigar01.jpg
 クロウズの煙草は両切りの安物ですので、ゴールデンバットの一択です(笑) マッチは同時に購入したブックマッチ。懐かしいですね。灰皿は100均です。
 この後、吸い殻を得るために、ふかしまくった為、しばらく口がヤニ臭くなりました。

 その3 ギルティ用ウィスキーとグラス
alcohol.jpg
 ウィスキーは見ての通りワイルドターキー。クロウズが飲んではいませんが、作中に登場しています。大体900円くらい。実際の表紙ではラベルをまんま出すのは何だなと思ったので、隠してあります。グラスは家の有り物。因みに表紙の写真で注がれている液体は、このターキーでは無く茶です。芝居の小道具みたい。

 その4 DearMyMaster用手袋とハンカチ
glove01.jpg
 ちょっとホワイトバランスが狂ってますが、ご容赦を。マリアをイメージしたロングの白手袋と白いハンカチです。本当はメイド用のカチューシャ辺りが良いんでしょうけど、この巻の時点でマリアはメイド姿では無いので、ま、これで良いかなと用意したものです。因みにこれも100均。
 最後に下に敷いてある布は、即売会でお馴染みのスペース用の敷き布。文フリレポートの写真をご覧頂ければ、同じものだと解りますね。
 以上の物を組み合わせて撮影。表紙用を撮影した後、全てを並べてPOP用を撮影。オリジナルのカラー版を載せておきます。
pop.jpg
 画像加工前だと、安物っぽさが丸出しですね。
 これを加工した上で使用します。
 どうですかね、それなりの雰囲気くらいは出ているでしょうか?
 多分、こんな事をしている人間は少ないと思いますので、記事にしてみました。
 今回の感想。
 煙草吸うの、もう嫌(笑)






スポンサーサイト

19:40:55
 まずは、一昨日、昨日と開催されました、COMITIA110+コミティアXⅣ、第十九回文学フリマ、お疲れ様でございました。
 連休、さらに天気もまあまあで、両イベント共、中々の賑わいであったように思えます。
 兵六は、同人人生初めての連日参加となったんですが、いやしんどかったですね。ティアはまだ何とかなったんですが、文フリの方は本当にきつくなりました。
 まあ、その根本的な原因はワタクシの体力の消耗に依るんですけどね。

 まずは、コミティア編
 今回はX併催と言う事で、普段とは違った賑わいがありました。相変わらず、Xの展示は見ているだけでも楽しいですね。
 ただ、生演奏のリハを、何の説明もなしにやられたもんだから、何で開催前に蛍の光が流れているんだろうって頭捻ってましたよ。
 さて、今回のティア参加から、クロウズ・シリーズの表紙リニューアルに合わせまして、POPの方も変更致しました。
 どんな本を扱っているんだろうと言うのが、一目で判るんじゃ無いかな、と自負しております。
 で、そのリニューアルの製本作業に手間取ったんで、実質徹夜での参加でとなりまして、参加中睡魔と戦っておりました。
 こう言った時に助けとなるのは、お隣のサークルさんとのお喋りになるんですが、……いやあ、主婦ってコワい(笑)
 具体的にどうかは、ちょっとブログに書くのは憚れますので、ご容赦下さいな。まあ、下世話な話です。
 今回、以前お買い上げ下さった方が「面白かったので」と続きをお買い上げ下さいました。いや、何よりも嬉しく励みになる言葉ですね。今後もご期待に沿えるよう、精進したいと思います。
 さて、連日開催とは言え、夕方にはイベントが終わるんですから、そのまま真っ直ぐ家に帰って普通に寝れば、大した事は無いはずなんですが、そうは問屋が卸してくれませんで、補充分の製本をしたため、決して十分とは言えない睡眠時間で翌日の文フリへの参加となりました。
 最後に一つお詫びをば。
 ちーず。氏のスペースにお邪魔していた際、偶々来訪された文芸処・椋岡屋の椋岡成美女史と、家主そっちのけで鉄道話をしてしましました。ちーず。氏の御厚情に感謝すると共に、改めてお詫び申し上げます。

 で、文フリ編
 文フリへの参加は2回目。前回は天気が悪かったけど、今回は何とか(因みにその第十七回の公式レポの写真に、兵六写ってます。いや格好悪い)。大体9時半過ぎに会場到着。TRCの別棟では別の即売会が開催されている模様。前回は間違えたけど、今回は大丈夫。
 どうやら設営作業がまだ終わってないようなので、微力ながらお手伝いさせてもらいました。文フリって、この辺りの人手が薄いようですね。
 サークル入場が始まったのが、大体10時くらいでしたかね。ウチのように並べるだけの設営をするならまだしも、凝った設営をするサークルさんには時間が足りなそうだな。
 30分程で設営終了。一息入れつつ、タブレットを起ち上げて、ネットの接続状況を確認。お、つながる。これで艦これが出来るぞ(←おい)。いや、遠征を送り迎えしていただけですヨ。
 で、POINT-ZEROのスペースの様子はこちら
bun1411.jpg
 何でティアのが無くて、文フリだけあるのかと言うと、これを撮った時に急に思い付いたからです。当サークル、話作り以外に計画性はありません(開き直り)
 まあ、とは言ってもティアのスペースは、向かって左側のガンダムが無いくらいで、大差ありませんけどね。
 さて、先に書きましたが、この日、兵六の体調は絶不調でございました。連日の睡眠不足が、ここに来て噴出したようで、頭痛がしっぱなしです。何とか薬で抑え込んでますが、こう言った時は素直に帰るべきですね。自力で帰れる内に。
 起きていれば頭痛がする、少し気を抜くと舟を漕ぐ有様でして、実際、2回程訪れた方と隣のサークルさんに起こしていただきました。本当に申し訳ない。
 余りに無礼な応対と、ご迷惑をおかけしました事、改めてお詫び申し上げます。
 で、その内の一人が、以前text-revolution様に拙作の感想を投稿していただいた、浮草堂の浮草堂美奈女史でありました。
 投稿があって以後、それを見たと思しき「ファントム・ペイン」と「伯爵」とをセットでお買い上げ下さる方がいらっしゃいます。兵六、足を向けて寝られません。
 午後には昨日お会いした椋岡女史が来訪。当方のガンダムに興味を抱かれたそうで、これも日頃から喧伝して下さっているちーず。氏のおかげと感謝。こちらにも足を向けて寝られません。
 で、全体の印象なんですが、人がいますね。開催中の主催からのアナウンスに依れば参加720サークルだとか。世に文芸サークルって、こんなにあるのかと思うくらいです。
 若干1階よりも2階の方が賑わっていたようにも思えましたが、配置の都合から来る印象かもしれません。総じて、終了近くまで賑わいがあったように思えます。
 本来であれば色々と買いたかったのですが、少し歩き回っただけで意識が朦朧として来まして、返礼の挨拶もそこそこに自スペースへと引きこもっていました。
 駄目な人。
 これで次の文フリもティアとの連続開催なんですよね。今度は計画的に行こう。
 終了時には体力的には限界に達してまして、足早に帰宅させていただきました。
 それでも電車は寝過ごすわ、夕食は満足に摂れないわと、結構さんざんな調子でした。

 そんなこんなで、POINT-ZEROの2014年即売会参加は、全て終了致しました。
 お買い上げ下さいました方、作品をいくらかでもお楽しみいただければ幸いです。
 お気に召しましたならば、次回もよろしくお願いします。


21:48:24
 うーん、なんでそこで君は大破するかな。
 はい。コミティア&文学フリマと提督業を同時進行中の兵六です。

 さて、まずはいよいよ今週末となりました、COMTIAと文学フリマの頒布物のお知らせです。
 基本的に、一次創作モノにつきましては、両イベントで同じものを頒布いたしますので、COMITIAだけ参加されると言う方も、文学フリマのwebカタログをご参照いただければ幸いです。
 で、頒布物についてのお知らせです。
 今回の頒布から、クロウズ・シリーズの表紙をリニューアル致しました。まるで、台本か何かのような素っ気ない表紙だったので、どげんかせんといかんとは思っていたのですが、こんなに後を引いてしまいました。
 リニューアルしたのは表紙だけで、本文は一切変わっておりませんので、既にお買い求めいただいた方はご注意下さいませ。
 先週の更新分で、口の中がヤニ臭いと書いていたのは、これが理由でございました。
 出来の割には、変な手間ばっかりかかったなあ。
 え? 新刊? いえ、知らない子ですね。

 先週、彗星に着陸したESAの探査機が、日陰に着陸してしまったため、十分な活動が出来なくなったとか。
 あー、なんだか残念な話ですね。まあそもそも着陸時にイレギュラーがあったようなので、致し方ないのかなあ。
 でも振り返って見ると、何らかの天体に着陸した探査機(マニアックに言うと「ランダー」と言います)って、結構マトモに動かないんですよね。大体、半分位は動かなかったり不具合が起こったり、すぐに壊れちゃったりしてますからね。
 かの「はやぶさ」の時に、宇宙探査機って代物は、不具合が起こる事を前提として設計して運用するものだ何て意味の事を聞き、なるほどそう言うものかと思ったものです。
 考えてみれば、不具合があったからって直しに行くって訳にはいかない代物ですからね。「こんな事もあろうかと」を何重にもする必要があるんでしょう。でも「はやぶさ」のは、ちょっと異常なレベル(笑)。
 完全な計画破棄では無く、微量のチャージを行って再チャレンジするそうなんで、そこに期待ですね。
 たとえ思った通りの結果が得られなくても、次につながるものが得られれば、失敗では無いのです。
 そうやって、人間は進歩してきたんですからね。

21:54:48
 先週の金曜日がどうも立冬だったそうで、気付けば秋も終わりに近いのですね。
 と言うよりも、今年自体後50日くらいしか無いですね。ははは、毎度毎度あっと言う間ですね。
 POINT-ZERO、今年最後の即売会参加となるコミティア110&第十九回文学フリマまでも、後2週間程。
 進捗は……、決して良くないですね。
 全くやっていないと言う訳ではありませんよ、念のため。
 現に、今もって口の中がヤニ臭くて適わない。
 何でこんな事になっているかは、まあ近日お知らせ出来るかと思います。多分、きっと、maybe


 小笠原諸島沖に大挙して押し寄せてきている、サンゴの密漁船とやらが世間を騒がせていますね。
 これについていくつか思う事を。

 あれ、本当に全部漁民と漁船なのかね。
 やだよ、船内改めたらAKとかRPGとか出て来ましたってのは。

 仮に漁船だとしても、本当にサンゴ採る為に来てるのかな。
 あの国で、民間人が集団で勝手な事が出来ないのは、香港を見れば瞭然だもんな。

 密漁船と言うよりは、強奪船って言うべきじゃね。
 強盗を、武装スリとか言ってたようなもんかな。

 ワタクシの記憶が確かならば、小笠原諸島の自然環境って、世界遺産じゃ無かったでしたっけ?
 人類全体の財産に手をつけるって、全人類の敵って事でいいのかな?

 世の血の気の多い方は撃沈しろなんて仰っているようですが、そんな事をした途端に人民解放軍とやらがドヤ顔でやって来るでしょうね。
 実例はあります。ヒトラーとナチが良く使った手ですから。
 日本がすべき事は、ろくな事をしないように睨みを利かせつつ、他の海に面した国々全てを巻き込んだ包囲網を形成する事だと思いますよ。
 次は、あんたらの所へ来るよって。
 こっちが手出ししないと思ってあんな真似をしているのなら、こっちも向こうが手出し出来ないやり方で反撃すりゃ良いんですよ。
 今こそバラ撒いて来たカネの回収時って奴で。
 悪辣なようですが、それが外交ってモンだと思います。
 

 
  

22:08:04
 ええと、更新をちょいとさぼっちゃったな。

 先月末に開催されましたサンシャインクリエイション65、お疲れ様でした。
 売れ行きは相変わらずなんですけど、それでも次につなげられる成果もありのイベントとなりました。
 後は、設営時に「そろそろ限界だな」と思ってみたり。
 何が限界で、それに対してどのような対処をしたかは、次回のサンクリ辺りに。
 次回のイベント参加は今月23、24のコミティアと文学フリマになります。
 どうぞよろしく。


 さて、先日11月3日、埼玉県入間市の航空自衛隊入間基地にて開催されました、入間航空祭に行って参りました。
iruma2014.jpg
 以前から行きたいとは思っていたのですが、中々都合がつかなかった事と異常な混雑との前評判に尻込みして、今回が初参加です。
 何しろ都心から電車一本、1時間程で行ける立地で、ブルーインパルスのフライトも見られるとあってか、確かに凄い人。
 会場側の発表では29万人との事ですから、話半分としてもコミケ並の人出となります。
 想像して下さい。
 コミケ並みの人出で、そのほとんどがカメラを構えているか、家族連れの状態を。
 洒落にならない混み具合です。と言うよりも、入場の段階を何とかしなさいと。
 中にいる経験者を連れて来い。恐らく、スタッフ経験者もいる筈だ。
 いないとは言わせない(笑)

 まあ冗談はさておき、人混みを嫌った兵六と友人は裏口に当たる西武新宿線狭山市駅側から入場。
 正直、この辺りの地理には明るくないのですが、駅から基地まで迷う事はありませんでした。人の流れがつながっているもの。まるで、晴海時代のコミケみたい。
 で、会場入りした時には、最初の展示飛行が始まっていました。
 まずはYS-11FCとU-125。恐らく、日本で唯一と言って良い、現役のYS-11が飛んでます。
 開場9時で、兵六らが入場したのは10時前なんですが、既に会場内ごった返し状態。展示機でも戦闘機なんかは黒山の人だかり。満足に見えやしません。
 こりゃ後にしようと決めて(ちなみに閉場まで途切れませんでした)、開場の端で機内を公開しているC-130やC-1と言った輸送機を見学。その際、側にいた関係者の家族連れを案内している人が現役のパイロット(それも戦闘機のテストパイロットも務めたような人)で、色々と面白い話を盗み聞きしていました(笑)。
 そうこうしている内に飛行展示は次のプログラム、入間基地所属のT-4練習機、その名も「シルバーインパルス」によるものが開始されました。何でも、シルバーと言うだけあってベテランばかりが操縦しているそうで、中々見事な編隊飛行を見せてくれました。
 次いでCH-47J、U-125A、UH-60Jら、救難飛行隊のデモです。戦闘機部隊に比べれば地味ですが、どこかで漁船が遭難したなんて話になると出張る方々で、重要な任務についている部隊です。CH-47Jによる荷物運搬のデモや、洋上救助を想定したデモを行っておりました。
 さてその次が、入間航空祭名物らしい、C-1輸送機部隊のデモ飛行です。恐らく、輸送機のアクロバット飛行が見れるのは、ここぐらいじゃないですかね。飛行機1機分の間隔も無い編隊飛行や、90度バンクの荒技を披露してくれます。
 ガンダムで例えると、ミデアがアクロバットするようなもんです。あたまおかしい。
 確かに凄い飛行機だけど、輸送機ってのは他に追求しなきゃならない性能ってもんがあるんじゃないかと疑問に思ったりもします。
 プログラムでは、陸上自衛隊第一空挺師団による降下デモもある予定でしたが、当日の風が強かったためか行われず代わりに1機のC-1が滑走路上を低空かつ高速で通過すると言うデモを見せてくれました(側にいたベテランマニア曰く「初めて見た」との事)。凄い迫力。
 ここまでで午前の部終了と言った感じなのか、メインのブルーインパルスのデモまで1時間程あるので、その間買い物なりをしようかと思ったのですが、これが大混雑。明らかに人出に対して店の量が少ない。買い物は諦めて、トイレだけ済ませて見学場所に戻りました。
 いよいよブルーインパルスです。
 恐らく、当日の状況は決して良くは無かったと思います。C-1の所でも書きましたが、上空の風が強く、デモ中もスモークがあっという間に流されてしまう状態でしたから。
 加えれば入間は決してデモフライトに向いた場所じゃ無い。すぐ側に住宅がある訳で、大胆なデモ飛行は不可能でしょう。
 そんな中、ブルーインパルスは最大限のフライトを行っていたように思えます。
 観客の歓声が大きかったのは、やはり急上昇や大きな宙返りと言った、見た目が派手な奴ですよね。ワタクシなんぞは、滑走路上ですれ違う方がよっぽど危なく感じるんですけどね。
 そんな中、恐らくはオリンピックを意識したフライトもありました。ブルーインパルスは6機編隊なんですが、この6機で空に水平に円を描くと言う奴です。はい、1個抜かせば五輪マークですね。6年後には、東京上空で、このフライトが見られるのでしょうか。
 このブルーインパルスの飛行をもって、プログラムは終了ですが、観客の半分くらいは帰りません。
 何故かって? ゲストの機体が帰る所を見物するためです。
 向こうも心得ているもので、みな離陸時に観客に挨拶して帰って行きます。
 そんな中度肝を抜かされたのが、F-2戦闘機の離陸。滑走路上を低空で飛んだ後上昇と言う、軽いアクロバットを見せてくれたのですが、まあそのエンジン音のでかい事。側に雷が落ちたかのような爆音です。
 考えてみれば、こんな側で戦闘機が離陸する様なんて、滅多に見られないんじゃないですかね。
 陸自のヘリコプターが帰った辺りで、これ以上は飛ばないとのアナウンスがあり、会場を後にしました。

 色々と都合もあるのでまた来年とは行きませんが、機会があったらまた行きたいですね。
 今度は食べる物とかしっかり持って、ゆったりと見よう。基地内を10㎞近く歩いたんでへとへとになりましたもの。
 これで5月に陸自見て、10月に横須賀見てで、陸海空制覇です(大袈裟な)。
 さて、後はロケットでも見に行くか(鹿児島の端だよ)。
 

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数: