青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2015/09«│ 2015/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
19:42:30
「 ピアノを教える君と ドーナツ・ショップの僕はあの頃
  誰にも祝福されぬ 愛をそれでも守ろうとしていた  」

         (「ねぇ」/国安修二)


 まずは私事から。
 ワタクシ、青銭兵六、本日誕生日を迎えました。
 さほどめでたい事ではありませんが、ご報告がてら。

 で、その誕生日にどー言った訳なのか、ワタクシ新宿は高島屋にて開催されております「帰ってきたウルトラマンの世界」を見物して参りました。
 CA3I0346.jpg
 こちらは1階の入り口ロビーに展示されております、劇中に登場する「マットビハイクル」です。
 まあ、まんまマツダのコスモスポーツなんですが、これが40年以上前の市販車とは思えないくらい、スタイリッシュです。
 ただ、思っていたより小さい。
 お姉ちゃんを相手にするのなら良いかもしれないけど、これで怪獣を相手にするのはちょっとなあ、と思える大きさです。ま、スポーツカーだしね。
 ちなみに、百貨店の入り口ですので、この写真の右手奥の方には案内係のお姉さんがおります。多分「ああ、また来やがった」とか思いつつ、見ているんだろうなとか考えながらの撮影でした。
 会場は11階ですので、ここからエレベータで移動。
 いざ会場へ、しかし目指す兵六の目に飛び込んできたのは、併設開催されていた「華麗なるきらめき 大黄金展」の会場でした。
 そりゃそうだ、全部金でぴっかぴかだもの。
 金製品の展示即売会でして、会場内全て撮影禁止でしたので、兵六のおぼろげな記憶で展示されていた物を列挙したいと思います。
 等身大力道山、ウルトラマンやバルタン星人、キティ、何と詳細に書く訳には行かない世界一有名なネズミ、仏像、刀や兜、千両箱、吉祥動物等々。あ、後20㎏の大金塊もありました。
 明らかに、間違いなくびた一文出すはずの無い人間の会場入りに、店員さんの警戒レベルが上がっていたような気がします。
 はい、余興はここまで。隣のウルトラマンへと移動します。
 入って早々、ウルトラマンの着ぐるみがお出迎え。脇のモニターでは第18話が流れています。MAT加藤隊長の名台詞のシーンですね「ウルトラマンが、帰ってきた!」
 しばらくはパネルが並びます。いわゆる「帰ってきたウルトラマンとは~」なノリなんですが、その後に続く全エピソードガイドの濃い濃い事。思わず全話分、しっかり読んでしまいました。
 これが終わると、着ぐるみや撮影用ミニチュアの展示コーナーになるんですが、どうもここいら辺が以前立川で開催されていたものと違う様子。会場のスペースのせいか、縮小されているように思えます。残念。
 でもMAT航空機の展示はされていたので、パチリと。
 CA3I0355.jpg
 MATアローは今見ても格好良いなあ。
 CA3I0362.jpg
 後、着ぐるみコーナーも。ウルトラマン、夕陽に死す。
 まあ、近々発売されるBlu-rayの販促イベントでもありますし、入場無料だし、こんなものでしょう、と言った塩梅ですかね。
 でも、好きだった人にはたまらないものがあると思いますよ。
 具体的には、帰ってからワンダバコーラスを聴きたくなるくらいに(笑)
スポンサーサイト

11:39:41
「 たどり着いたら そこがスタート
  ゴールを決める余裕なんて今はない  」

         (「1/6の夢旅人」/樋口了一)


 先週の土曜日、10月10日に浅草は都産貿台東館にて開催されました「Text-Revolutions 第2回(以下テキレボ)」に参加致しました。
 さして内容とまとまりは無いものですが、参加レポートを書きたいと思います。

 さてこのテキレボ、参加者の間では良く「文化祭」と称されます。
 主催側だけでなく、参加者も含めてワイワイと設営して、開催して、撤収して、打ち上げをするからでしょうか。
 第1回の時には明け方まで本を作っていた関係でギリギリの参加だったのですが、今回は諸般の事情で前日しっかりと寝る事が出来たので、ひとつ設営に参加しようと思い、早めに家を出る事にしました。
 道中の山手線が混雑のせいか若干の遅延を生じていましたが、まあ許容出来る範囲内で浅草に到着。
 会場に向かうのは初めてではありましたが、ストリートビューにて予習済みでしたので、何の問題も無く到着し7階へ。
 到着時刻は、多分8時半過ぎくらいだったと思いますが、既に設営は半分ほど進んでいる状態でした。おお、少し出遅れたかと思いつつ、設営に参加していた知己の方への挨拶もそこそこに、兵六も設営のお手伝いに参加します。
 設営しながら思った事は、机が想像していた以上に大きい。
 何分にも兵六は小柄な方なので、果たしてお買い上げ下さった方に、ちゃんと手渡し出来るかな、と少し不安に感じました。まあ、実際の所は向こうからも手を伸ばして下さったので、問題は無かったんですけどね。
 一人では遠い距離も、二人でなら半分に出来るさ、って事で。
 粗方設営が終わった辺りで、どうやら宅配便の到着が若干遅れている模様。主催側から「可能であれば、自スペースの設営を行ってください」とのアナウンスがありましたので、早速取りかからせていただきます。
 今回のテキレボでは、兵六初めて宅配搬入を行いました。ただ、そっちに回せたのは頒布物の8割程でして、残りとスペース内什器の類いは自力で持ち込んでいましたので、比較的順調に設営を進めます。
 ややの遅れで、宅配便も到着。頒布物をセットして、設営完了です。
 tr02a.jpg
 ミスコレや各ラリー企画のpopのおかげで、スペースが今まで一番賑やかになっていますね。
 前後しますが、企画の主催者様への挨拶もすませ、準備万端で開場を迎えます。

 開場。
 大規模なイベントだと、ここで一般参加者が入って来て、わーっと言った感じになるんですが、そう言う事も無く比較的落ち着いた感じで始まります。
 開催中、幾人もの方から「この本が欲しかった」や「以前に見かけて気になってきた」等々、有り難い言葉と共にお買い上げいただきました。感謝。
 また、以前webラジオを放送された時にお邪魔した「綾月」の右月泰さんと雲鳴遊乃実さんが、挨拶にご来訪下さいました。
 ラジオの際には、はっきり言って場を乱すような事ばかりで、兵六は頭を下げるばかりだったのですが、お二方とも暖かく接して戴きました。御厚情に改めて感謝を。
 また、買いに回った際も、多くのサークルさんにご迷惑をお掛け致しました事、この場を借りてお詫び申し上げます。
 一番の不義理は、挨拶のし損ねだと思うの。後になって、向こうからご足労願うなんて、非礼の極みですね。反省。
 午後になると、テキレボ名物、買い物代行サービスが始まります。
 当サークルにも代行の方が見えられました。
 お買い上げの方がどこのどなたか存ずる手段はありませんが、この場にて感謝を申し上げます。
 メンバーズの方が忙しそうに買っている様を見て、ああ、これだけでも次はお手伝いするかなあ、と思う次第。
 どうせ、あの時間になるとヒマだしね(←おい)

 大きな事故も無く、無事終了。
 撤収作業、懇親会、打ち上げと続いて参加致します。
 小耳に挟んだところでは、参加者が予定よりも増えてしまって、結構大変だったとの事。
 まあ、幹事側では大変ですが、引っ繰り返せばそれだけアフターにも参加したい人の多いイベントだと言う事では無かろうか、と。
 
 テキレボを形容するのに文化祭と言うのは前述しましたが、もう一つあるとすれば、身内感覚って奴になりますかね。
 良い意味でも、悪い意味でも。
 良い意味ってのはそのままで、参加者は皆同じ仲間。だから、みんなでイベントを盛り上げようって考えにつながる。今のテキレボにある良い空気の土台になっているものだと思います。
 悪い意味ってのは、一歩間違うと、それが排他的なものにつながりかねないって事ですね。
 勿論、今、そんな物は発生していないのですが、次回第3回ともなると、初参加者と既参加者の知識や意識の差が生じる懸念はあると思います。その差が、溝になってしまう事は、残念ながらよくある事です。
 例えば買い物代行サービスのアナウンスも、前回参加した者なら「おお、やっと来たか」となる所を、初参加の方は「え、そんなのやるの?」ともなりかねません。
 これに限らず、開催が近くなれば、既存の参加者がSNSを通じて「こうだよ」「こんな感じだよ」と発信はするでしょうけど、初参加者が一番頼りにするのはやはり公式のアナウンスだと思います。
 何事も連絡事項は、前もって、余裕をもって、必要な事を、正確に。と思っている身ですので。

 最後に分を弁えない事を申し上げてしまいましたが、イベントが無事開催され、またさしたる大事無く終了しましたのは、主催を始めスタッフとメンバーズの皆様のご尽力の賜物。また、イベントが盛り上がりましたのは、参加者の皆様のご協力のお陰と思っております。
 お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 次の機会も、よろしくお願い致します。
 
 
   


18:53:01
 今日は特別編です。
 明日、浅草の都立産業貿易センター台東館にて開催されます、Text-Revolutions第2回のお品書きです。

 尚、公式のwebカタログは、こちら
 https://plag.me/c/textrevo02/7F_North/C/6

 【ジェフリー=クロウズ・シリーズ】
 「ファントム・ペイン」
 「ギルティ」
 「Dear My Master」
 当サークルの看板作品、私立探偵ジェフリー=クロウズを主人公とするハードボイルド調探偵モノです。
 1部 300円

 【クロウズ・アーリーデイズ】
 「探偵に向かない男」
 「金にはならない商売」
 上記作品の前日譚、クロウズの若き日を描くシリーズです。
 1部 100円

 【変人伯爵の暇つぶし】
 伯爵と呼ばれる天才にして変人と、忠実ながら主人に対しては辛辣なメイドを主人公とする、コメディタッチの物語です。
 当サークルの作品で、唯一人が死なない作品となっております。
 単発作品ですので、初めて当サークルの作品を読まれる方は、こちらからどうぞ。
 1部 100円

 【機動戦士ガンダム Pseudepigrahaシリーズ】
 宇宙世紀ガンダムの二次創作小説。
 いわゆるパラレルワールド的な作品となっております。
 ミリタリー色強め、強いガンダムとイケメンなパイロット萌える女の子の辺りは一切出て来ませんが、代わりに量産機と軍艦と軍人がたっぷりと出ます。そんな話です。
 1巻と2巻は、前後編のような構成になっておりますので、こちらをセットでお求めいただいた場合、価格を割引致します。
 また、スペースの都合上、机の上には4巻までしか並べませんが、続刊も持ち込みますので、お手数ですが、お声がけください。
 1部 200円

 【ミスコレ! 2015】
 各所にて大好評をいただいております、谷中ミストの会がお送りする少し不思議な実話集、その第2弾です。
 今回のメインテーマは「仏壇」 とは言っても、宗教的なものは一切無く、変わらずゆるく不思議なエピソードを収録しております。
 恐らく、ウチのスペースで一番花のある本だと思います。
 1部 300円

 また、以下の当日企画に参加しております。

 【無料頒布スタンプラリー】
 主催:D-13,14「深海記憶」様
 当サークル対象作品
 「ふぁんとむ☆ぺいん!」
 嘘から出た誠の、セルフパロディ作品。
 折角の企画なので、遊んでみました。お荷物に余裕があれば、もらってください。

 【300字SSポストカードラリー】
 主催:C-1,2「SiestaWeb/300字企画」様
 当サークル対象作品
 「たからものの本」
 こちらも、どうかもらってやってくださいませ。

 【SS企画《俺のグルメFESTIVAL》】
 主催C-3,4「グルメアンソロ(仮)とこんぽた。」様
 こちらのサークル様で頒布されますアンソロジー『おなかがすいて眠れぬ夜に』に参加させていただいております。
 頒布価格は400円となっております。

 お知らせは以上です。
 それでは、会場にてお会い致しましょう。

22:51:09
「 今 長い坂道でみつけた夕映え
  君に会えたこと本当によかった
  忘れないで 手をつないで一緒に歩こう  」

         (「夕映え」/辛島美登里)


 お久しぶりです。
 広告が表示されてしまいました。

 まずは、先日開催されましたサンシャインクリエイション2015Autumn、お疲れ様でした。
 当日は有明にて、コミックシティスパークも開催されていましたが…

全く被らないから問題ないですね

 秋には男性向けの受け皿となるオールジャンルが無いせいもあるからでしょうか、人入りは多かったように感じました。
 その割りにフリー入場になる時間が遅かったですけどね。カタログ刷り過ぎたんでしょうか。
 規模もそれなりと言う事もあって、久し振りのBホール配置でした。いや、相変わらずまったりした空気のホールですこと。
 眠かったです。
 お隣のサークルさんが、顔なじみでなければ、きっと寝ていたでしょう。
 何せ、未明までテキレボ合わせの作業をしていましたから。

 そうです、いよいよ今週末は文芸同人の文化祭こと、textrevolutions第2回が開催されます。
 前回が非常に楽しかったので、今回も楽しみです。
 様々な企画もありまして、兵六も可能な限り参加しております。
 おかげで、肝心の新刊が出せなくなりましたけどね。
 まあ、些細な事さ(←おい)

 では、既刊中心となりますが、頒布物の紹介をば。

 ジェフリー=クロウズ・シリーズ
 はい、お馴染み当サークルの看板作品です。
 正直、同人処女作と言う事もあって、今見ると恥ずかしい出来ではあるのですが、まあお手に取って戴ければ幸いです。
 後「え? これコピー誌なんですか?」と呆れてください。本人は結構喜びます(莫迦)

 クロウズ・アーリーデイズ
 現行のシリーズもの。とは言え、第2弾が出たのは先月、実に6年ぶりと言うFSSも真っ青な刊行ペースです。
 旧シリーズに比べ、さらに女性キャラの出番が少ないお話ばかりですが、結構作者は楽しんで書いております。
 因みに、先のティアで刊行された物と表紙が異なっておりますが、内容は一緒です。

 変人伯爵の暇つぶし
 正直なところ、ここまで出し続けるつもりは無かったなあ。
 よくよく考えて見ると、初めてウチの本を読む方に薦められるのが、これくらいと言う辺りがなんともはや…。
 内容は、結構気に入っているんですけどね。
 今回の増刷分から本筋に関係の無い変更がありますが、内容には一切変更はございません。

 機動戦士ガンダム Pseudepigrahadシリーズ
 なんだかんだと、POINT-ZERO最長の物語となっている本作。
 もう純粋に、こちらが書きたいから書いている本です。
 ガンダムの二次作としては、えらく地味ですが、お手にとって戴ければ幸いです。

 ミスコレ! 2015
 谷中ミストの会発行による、少し不思議な実話集。
 はっきり言って、今回スペースに並んでいる本の中では、最もクォリティが高いものです。
 こちらだけはこう言わせていただきます。
買って!


 で、ラリー絡みの作品を

 「ふぁんとむ☆ぺいん!」
 無料頒布ラリー参加作品です。
 元ネタは「クロヒス書房」さんの帯に合わせたジョーク、さらにエイプリルジョークだったですが、ふとプロットを纏めたら結構面白そうだったので、この機会に形にしてみました。
 ジェニファー=クロウズを始め、登場キャラで名有りは全て性別を変更しております。
 それに合わせリタイプしたのですが、いや本当に昔の作品なので文章が下手で苦労しましたね。
 元は80頁くらいあるのに、こちらは60頁ほどです。
 どれだけ要らない内容があったのかと。

 「たからものの本」
 300字SSポストカードラリー参加作品です。
 実はこの作品、POINT-ZERO初の業者印刷による作品です。
 いやー、そっちの方で苦労しました。
 もとい、苦労したのは業者さんの方ですね。
 そんな関係もあって、結構な量を刷っているので、沢山の方にもらっていただけると嬉しいです。

 頒布物に関してはこんなものですかね。
 では、当日会場にてお会い出来る事を楽しみにしております。

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数: