青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2016/02«│ 2016/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2016/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:21:11
 まずは、お詫びから。
 長らくブログの更新を停滞してしまい、申し訳ありませんでした。


 さて、POINT-ZEROは先週開催されました「第3回Text-Revolutions」に参加いたしました。
 既に多くの方が建設的なレポートを挙げておられる中恐縮ではありますが、自身の備忘録も兼ねて、レポートじみたものを書きたいと思います。
 無駄に長いのでご注意ください。

 〈朝 設営〉
 今回も、朝の設営から参加致しました。
 現着は8:30頃だったと記憶しています。
 ハコが浅草に移ってから参加者の皆さんが口を揃えて言うのが「机大きい」なんですが、いやこれが設営時にはクセモノ。
 降ろすのはね、男手なら1人でも何とかなるんですけど、脚をセットしてから返す事が出来ない。いや、他のハコで使っている長机って奴は、中々どうして良く考えられているものだと、妙な感心をしながら設営していました。
 宅急便の到着も含めて、前回よりもスムーズであったと思います。
 大体、9時過ぎには各自スペースの設営が開始できましたからね。
 ココですよ、ココ、ポイント。朝の設営に参加すると、サークル入場前からスペースの設営が出来ます。
 ワタクシのように、手際の悪い駄目ニンゲンにはありがたい話なのです。
 まあ、ついサークル参加受付を忘れがちになってしまう辺りが難点ですけど。
 今回参加しました「長編上等」様と「300字SSラリー」様に、ご挨拶に伺いましたが、いずれも未だ設営中のお忙しいところに押しかけてしまいました。
 改めて、非礼をお詫びいたします。
 で、自スペースなんですが、今回お隣は以前別のイベントで側だった事のある「S.Y.S.文学分室」様、斜め前(当スペースの正面は通路でした)が「ちーず書店」様と「零士気」様と、知った顔ばっかし(笑)
 いや、周囲が知った顔と言うのは安心できる配置でございました。
 良く、テキレボは身内過ぎると言われる事がありますが、良いじゃん、身内でと思いますね。初めての人だって、参加したその時から身内になるんだから。
 Hey You! どんどん参加しちゃいなYo!!って事で(何が言いたいのやらね)
 話が若干逸れましたが、スペースです。
CeCRTRYUkAAK9J7.jpg
 中央の一番良い場所に、無配がずらり。
 まあ寄ってけ、まあ持ってけと言うところでしょうか。
 これだけ前に並べて、それでもバックヤードに余裕があるんだから、並べるって事に関しては、机が広いのはありがたいですね。ウチみたいに無駄に種類があるところは特に。
 ホント、テキレボの参加後だと、フツーの長机を前に「狭っ」て思っちゃうんですよね。

 〈昼 開場〉
 なんだかんだとやっている間に時は来て、開場とあいなりました。
 知己のサークルさんが、お忙しい中、お立ち寄りくださいます。
 中には拙作への感想を戴けた方も。この場を借りて、改めて御礼を申し上げます。
 さて、設営の段では広い机便利、と書いたんですが、いざ接客をしていると問題点が一つ。
 買い手の方との距離があるゆえ、何か仰っても、うまく聞き取れない事があったんですね。
 次回からは、身を乗り出せるように、配置を考えるべきかと思いました。
 昼ぐらいまでは、いつも通りまったりと。
 問題は、この後でした。

 〈昼過ぎ 買物代行お手伝い〉
 前回、その様子を見ていて「大変そうだな」と感じ、いくらかでもお手伝いできればと思って、今回はメンバーズの買物代行に参加いたしました。
 やったみた感想は、本ッ当ッに大変
 一番大変だったのは、本部で統括する方々でしたね。目が回る有様とは、あのことかと。
 ただ大変ではあったけど、楽しくもありました。
 仕事はさぼり気味なのに、どーしてああ言う場だとワーカーホリック気味になるのか。楽しいからですね、やっぱり。
 このお買い物代行は、テキレボの特色の一つだと思いますし、webカタログの利点を生かしたサービスだと思いますので、大変ではあるけれど存続してもらいたいと思いますし、その為の協力も微力ながらして行きたいと思います。
 合わせまして、代行にて当サークルの頒布物をご注文いただいた方にも、この場を借りて御礼申し上げます。
 ありがとうございました。少しでもお楽しみいただければ幸いです。
 で、反省点。
 時間の配分が出来ませんでした。
 具体的には自分で回る時間の確保に失敗しました。
 慌てて回ったんですけど、いくつかのサークルさんにはご挨拶に伺い損ねてしまいました。申し訳ございませんでした。
 ただ、これはもう、速やかに改善できる事ですね。
 もういい大人なんだから、やるべき事と時間まで解っているのなら、それを前提としたスケジュールを組んで、管理しないといけませんね。

 〈閉会 そして夜の部〉
 大したトラブルも無く、無事終了と相成りまして、第2部、夜の部こと打ち上げへと参加します。
 移動前に、前日当日合わせて2時間さまよった某女史に脅迫(笑)を受けましたので、離れないように注意しつつ移動します。
 今回の開場は、ハコから間近と言う事で、夜の浅草をカートを引きずった集団がぞろぞろと。イベント中が文化祭なら、こっちは一昔前の修学旅行みたいな有様ですね。
 観光客の皆さんの、妙なモノを見る目つきが印象的でした。
 いや、下手なツアーよりも人数多いもんね、仕方ないね。
 毎度思うんですけど、あれだけの人数を入れられる飲み屋って中々無いですよ。今回も良く見付けたなあと言った感じでした。
 そして毎度思うんですけど、非常に騒がしい(笑)
 まあ文芸同人なんて、普段PCの前でせこせこと書いている人間がね、同好の士で集まればこうもなりますわな。
 テキレボが大人の文化祭と呼ばれるのは、この打ち上げの雰囲気もあってじゃないだろうかなと思う次第で。
 序盤は同席しました若い方と、中盤以降は別の席に移ってそちらでぐだぐだと。
 調子に乗ってかっくらいながら回ってたんで、正直、何を話していたのか細かいことは良く覚えていません。
 まあ、酒の席なんてそんなもんよね。
 打ち上げも無事終わりまして、二次会への声もあったのですが、2時間も迷った嫁入り前の娘さんを、この東京砂漠でこれ以上迷わせるわけにもいかないので、エスコートしつつ帰宅の途につかせていただきました。
 お疲れ様でございました。

 で、その他の雑感。
 他の方々も指摘されていますが、会場奥への導線の張り方ですね。
 代行で回っていた時も、明らかに人の流れが無いように感じました。
 
 webカタログへの登録は、是非とも代行を意識したものとした方が良いですね。
 自分の所もそうですが、シリーズ物の場合、1巻1巻ごとに登録してありませんと、代行で対応できなくなります。
 巻数が多いと少し面倒ですが、1回やってしまえば引き継ぎで対応出来ますので、是非。
スポンサーサイト

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数: