FC2ブログ
青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2017/02«│ 2017/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:55:06
 この記事はその2です。その1からお読みください。

 予めお断りいたします。
 会場にまつわる事柄は、当日隣の配置であった「佐々山電鉄」さんから伺った事を元にしております。

 会場は前橋元気プラザ21の1階ホール。
 到着はちょうど10時頃だったので、既にサークル入場は始まっておりました。
 ただ、その前に、同じ建物の下階にあるスーパーへお買い物をしに。
 そうです、この会場、コンビニでは無くスーパーが同じ建物に入っているのです。何でも、周囲にコンビニも何も無かったので誘致されたそうですが、こんなに便利な会場はそう聞いた事がありません。
 後々の事もあったので少々買物をしてから会場へ。その時点で、八割程入っていたように思えます。
 で、スペースの様子がこちら。
DSC_0533.jpg
 川崎の机が近いですかね。広すぎず狭すぎず、良い感じと思います。
 宅配搬入の荷物を開いて設営開始。
 DSC_0534.jpg
 相変わらず手際悪く、ギリギリの完了でございました。
 開場からの様子は、他の方のレポートに任せるとして(おい)
 前述の「佐々山電鉄」さんから伺った事を記したいと思います。
 そもそも、この建物は某大手百貨店だった物だと言う事。
 撤退後、再利用する形で出来た物だと言う事。
 なるほど、いわれて見れば、そこかしこにそれらしき構造を見る事が出来ます。
 会場となっているホール自体、元は化粧品売り場か何かだった空間で、大変開放的な場所です。
 背後の壁も常設では無く、パーテーションにて仕切られているものでした。
 ゆえに明確な入り口と言った物も無く、たまたま通りかかった人も立ち寄れるような、独特の感じとなっていました。
 これは建物の構造によりますので他の即売会でどうこう出来る事柄でもありませんが、この開放感を生かせる事が出来れば、面白い事になるかなとは感じました(まあ、当日の天気もあって、入り口付近はかなり肌寒かったようですが)。
 一般参加者の方は、立地もあってか、普段即売会では見慣れない年齢層の方が多数見かけられました。
 親子連れ、家族連れと言った姿も多かったように思えます。
 逆を言うと、そう言った即売会慣れしていない方へアピール出来るか、と言う辺りが参加サークルの課題ともなりかねないわけで、この辺りは一考すべきところかと思います。
 即売会そのものは滞り無く終了。
 週末のテキレボへと向けて、会場から荷物を発送します。
 これはテキレボ主催さんからの事前情報だったわけですが、会場下のスーパーがヤマトの集荷を請け負っている為、発払いでの発送が可能なんですね。
 ただまあ、ごめんなさいね、あんなモン持ち込んで、とだけは謝らせてもらいます。
 撤収後は知己の方と軽い打ち上げをして帰途へ。
 その打ち上げの場でもケッサクな事があったのですが、それはまた機会を改めて。

 初めての開催と言う事で、上手くいった事もそうで無かった事も自分も含めあったかと思います。
 ただ会場の雰囲気はとても良く、第2回の参加も検討する気にはなりました。

 最後に、当日参加された皆さん、尽力されたスタッフさん、お疲れ様でございました。
スポンサーサイト

22:23:49
えーっと……お久しぶりです。
どのくらい更新していないのか自分でもわからないくらい、放置しておりましたね。

さ、そう言った事は全て放り投げて、先日開催されました文学フリマ前橋のレポをしたいと思います。
開催中の様子は公式などで語られると思いますので、それ以外の、ショージキどこに需要があるのか、と言った部分になるかと思いますが、ご了承ください。

 そもそも、なんで前橋に参加しようと思ったのか、と言った辺りですね。
 単純に東京近辺以外でも出てみたいけど、中々都合がつかないので見送ってきたところ、ちょいと足を伸ばせば良い辺りで開催と言う事で「いっちょ行ってみるか」となった塩梅です。
 住所で言うと隣県ですしね。
 これに限らず、同人誌の事なんて単純に「やってみたい」ぐらいで良いと思いますよ。趣味なんですし。
 まあ、それはさておき。
 そんなに遠くは無いとは言え、近場と言うワケでも無いので、自力搬入は諦め。宅配搬入も、荷物の大多数を送ると言う、初めての試みとなりました。
 これまた単純に「乗り換え多いし、その度に大荷物引きずるのもなあ……」ぐらいの心持ちでしたのですが、結果として最良の選択となりました。
 で、当日。
 ご記憶の方もいるでしょうが、関東一帯、雨でございました。それも冷たい雨。
 ここに来て、大多数の荷物を先に発送した事が吉と出ました。
 何せ自力で持っていくのは手回りの品、リュック一つに収まるレベル。この天気の中をガラガラと引っ張っていくのに比べれば、労力に雲泥の差です。
 行きの足には新幹線を選択しました。
 贅沢だと思いました? 実際、当日知己の方にも声を揃えて、そう言われました。
 ところがさにあらず。
 JRのインターネット早期割引きと言う奴で、何と35%もの割引を受けられるものがあるのです。こうなると在来線との差は許容範囲、と言ったワケです。
 ワタクシも、これを知らなければ在来線で行きましたとも、ええ。
 乗車した新幹線は上越新幹線の「MAXたにがわ」 奇しくも、前日に引退が発表された車両です。
 僅かな時間の乗車ではありましたが、そこそこ快適な時間を過ごせました。
 で、折角なので高崎駅でパチリ。
DSC_0528.jpg
 高崎駅では接続に間があったので、駅内をぶらぶら。
DSC_0529.jpg
 ホームの一部を切り欠いて番線を設けている、珍しい箇所を撮ってみたり、
DSC_0531.jpg
 軽く蕎麦をたぐってみたりしました。
 接続の電車に乗り換え、いざ前橋へ。
 さすがに車窓は郊外と言った感じが続きます。
 前橋駅に到着。
 で、ここからが良くある話なんですが、JR前橋駅ってのは、本来の「前橋」市街からは離れた場所にあるんですね。会場はその本来の市街地にあるので、ここからしばらく歩くことになります。
 とは言え、時間にして10分程。大事な距離ではありません。
 ただ、道すがら目に止まる、ビジネス旅館の数々。素泊まりなら4千円ほど。
 ああ、そうか。こう言う手もあるんだ、と自分の認識の甘さを知った次第。
 次がある時は選択肢に入れても良いよね。
 ネットにゃ、この手の旅館は中々載りませんからね。便利だけれど万能じゃないんだよなあ。
 そんな事を考えつつ、会場に到着致しました。

 何か長くなってきたんで、続きます。

プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。