青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:22:17
 巴里市のボン・デザールの欄干が、取り付けられた愛の鍵の重みで一部崩壊してしまったとか。
 まあ、理解は出来る話なんですが、物には限度があるって良い例ですね。
 勿論、取り付けられた鍵を外してしまえば良いんですが、取り付けたカップルの心情を考えると、無碍に外してしまうのも忍びないって辺りでしょうか。
 それに一度全部外したところで、また取り付けられる事は確実で、市としては頭を痛めているなんて、報道では伝えられていますね。
 で、このニュースを見て、兵六めが思った事。
 「お焚き上げすりゃ良いんじゃね」
 まあ、半ば冗談ではあるんですが、この感想を抱いてから気付いたのは、あのお焚き上げってシステムは、良く出来ているんだなあ、って事ですかね。 こう言った事が無いように、しかも関係者に一切の後腐れなくリセット出来るんですから、ホント良く出来たシステムです事。
 多分、こう言った考えが出来るのは、宗教観が違うからなんでしょうね。何しろ、日本ときたら神様であろうと永久では無いんですから。
 でも、八方丸く収めるには、もうこうするしか無いんじゃないかな。鍵は真鍮製だろうから燃やす訳には行かないけど、溶かして何かの部材か何かにして「貴方達の想いは、パリと共にあります」ぐらいに言って。
 どうでしょうかね。
 
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hyourocknikki.blog.fc2.com/tb.php/185-555a5a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。