FC2ブログ
青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:08:04
 ええと、更新をちょいとさぼっちゃったな。

 先月末に開催されましたサンシャインクリエイション65、お疲れ様でした。
 売れ行きは相変わらずなんですけど、それでも次につなげられる成果もありのイベントとなりました。
 後は、設営時に「そろそろ限界だな」と思ってみたり。
 何が限界で、それに対してどのような対処をしたかは、次回のサンクリ辺りに。
 次回のイベント参加は今月23、24のコミティアと文学フリマになります。
 どうぞよろしく。


 さて、先日11月3日、埼玉県入間市の航空自衛隊入間基地にて開催されました、入間航空祭に行って参りました。
iruma2014.jpg
 以前から行きたいとは思っていたのですが、中々都合がつかなかった事と異常な混雑との前評判に尻込みして、今回が初参加です。
 何しろ都心から電車一本、1時間程で行ける立地で、ブルーインパルスのフライトも見られるとあってか、確かに凄い人。
 会場側の発表では29万人との事ですから、話半分としてもコミケ並の人出となります。
 想像して下さい。
 コミケ並みの人出で、そのほとんどがカメラを構えているか、家族連れの状態を。
 洒落にならない混み具合です。と言うよりも、入場の段階を何とかしなさいと。
 中にいる経験者を連れて来い。恐らく、スタッフ経験者もいる筈だ。
 いないとは言わせない(笑)

 まあ冗談はさておき、人混みを嫌った兵六と友人は裏口に当たる西武新宿線狭山市駅側から入場。
 正直、この辺りの地理には明るくないのですが、駅から基地まで迷う事はありませんでした。人の流れがつながっているもの。まるで、晴海時代のコミケみたい。
 で、会場入りした時には、最初の展示飛行が始まっていました。
 まずはYS-11FCとU-125。恐らく、日本で唯一と言って良い、現役のYS-11が飛んでます。
 開場9時で、兵六らが入場したのは10時前なんですが、既に会場内ごった返し状態。展示機でも戦闘機なんかは黒山の人だかり。満足に見えやしません。
 こりゃ後にしようと決めて(ちなみに閉場まで途切れませんでした)、開場の端で機内を公開しているC-130やC-1と言った輸送機を見学。その際、側にいた関係者の家族連れを案内している人が現役のパイロット(それも戦闘機のテストパイロットも務めたような人)で、色々と面白い話を盗み聞きしていました(笑)。
 そうこうしている内に飛行展示は次のプログラム、入間基地所属のT-4練習機、その名も「シルバーインパルス」によるものが開始されました。何でも、シルバーと言うだけあってベテランばかりが操縦しているそうで、中々見事な編隊飛行を見せてくれました。
 次いでCH-47J、U-125A、UH-60Jら、救難飛行隊のデモです。戦闘機部隊に比べれば地味ですが、どこかで漁船が遭難したなんて話になると出張る方々で、重要な任務についている部隊です。CH-47Jによる荷物運搬のデモや、洋上救助を想定したデモを行っておりました。
 さてその次が、入間航空祭名物らしい、C-1輸送機部隊のデモ飛行です。恐らく、輸送機のアクロバット飛行が見れるのは、ここぐらいじゃないですかね。飛行機1機分の間隔も無い編隊飛行や、90度バンクの荒技を披露してくれます。
 ガンダムで例えると、ミデアがアクロバットするようなもんです。あたまおかしい。
 確かに凄い飛行機だけど、輸送機ってのは他に追求しなきゃならない性能ってもんがあるんじゃないかと疑問に思ったりもします。
 プログラムでは、陸上自衛隊第一空挺師団による降下デモもある予定でしたが、当日の風が強かったためか行われず代わりに1機のC-1が滑走路上を低空かつ高速で通過すると言うデモを見せてくれました(側にいたベテランマニア曰く「初めて見た」との事)。凄い迫力。
 ここまでで午前の部終了と言った感じなのか、メインのブルーインパルスのデモまで1時間程あるので、その間買い物なりをしようかと思ったのですが、これが大混雑。明らかに人出に対して店の量が少ない。買い物は諦めて、トイレだけ済ませて見学場所に戻りました。
 いよいよブルーインパルスです。
 恐らく、当日の状況は決して良くは無かったと思います。C-1の所でも書きましたが、上空の風が強く、デモ中もスモークがあっという間に流されてしまう状態でしたから。
 加えれば入間は決してデモフライトに向いた場所じゃ無い。すぐ側に住宅がある訳で、大胆なデモ飛行は不可能でしょう。
 そんな中、ブルーインパルスは最大限のフライトを行っていたように思えます。
 観客の歓声が大きかったのは、やはり急上昇や大きな宙返りと言った、見た目が派手な奴ですよね。ワタクシなんぞは、滑走路上ですれ違う方がよっぽど危なく感じるんですけどね。
 そんな中、恐らくはオリンピックを意識したフライトもありました。ブルーインパルスは6機編隊なんですが、この6機で空に水平に円を描くと言う奴です。はい、1個抜かせば五輪マークですね。6年後には、東京上空で、このフライトが見られるのでしょうか。
 このブルーインパルスの飛行をもって、プログラムは終了ですが、観客の半分くらいは帰りません。
 何故かって? ゲストの機体が帰る所を見物するためです。
 向こうも心得ているもので、みな離陸時に観客に挨拶して帰って行きます。
 そんな中度肝を抜かされたのが、F-2戦闘機の離陸。滑走路上を低空で飛んだ後上昇と言う、軽いアクロバットを見せてくれたのですが、まあそのエンジン音のでかい事。側に雷が落ちたかのような爆音です。
 考えてみれば、こんな側で戦闘機が離陸する様なんて、滅多に見られないんじゃないですかね。
 陸自のヘリコプターが帰った辺りで、これ以上は飛ばないとのアナウンスがあり、会場を後にしました。

 色々と都合もあるのでまた来年とは行きませんが、機会があったらまた行きたいですね。
 今度は食べる物とかしっかり持って、ゆったりと見よう。基地内を10㎞近く歩いたんでへとへとになりましたもの。
 これで5月に陸自見て、10月に横須賀見てで、陸海空制覇です(大袈裟な)。
 さて、後はロケットでも見に行くか(鹿児島の端だよ)。
 
スポンサーサイト


コメント
奇遇ですね
私も行きましたよ。生まれて初めて。

藤辰│URL│2014/11/07(Fri)23:53:41│ 編集
Re: 奇遇ですね
> 私も行きましたよ。生まれて初めて。
おお、それは本当に奇遇ですね。
ひょっとしたら、どこかですれ違っていたかもしれませんね。まず、気づけなかったでしょうけど(笑)

青銭兵六│URL│2014/11/10(Mon)22:01:26│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hyourocknikki.blog.fc2.com/tb.php/211-370a6a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。