青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:14:17
 海域は全てクリア。ドロップしたレア艦は、陸奥、能代、大鯨、あきつ丸、明石、島風×2、春雨×3。朝雲は出ませんでした。
 以上、秋イベントの結果です。
 まあ大鯨1号と明石2号が手に入ったから良いか。朝雲は次のイベントの時にドロップするでしょ。
 年末年始ですかね、また。

 艦これをきっかけに、史実の艦艇の方にも興味を抱かれた方がいらっしゃるようですね。
 元々兵六は、そっちの方の人間ですので(そこいら辺が如実に表れているのが、拙作ガンダムPseudepigraphaですね)、その辺りの知識は元々もっておりました。このブログでも何度か書きました「鉄と潮臭い」方面から入ったクチです。
 で、軍艦のエピソードを追っていくと、終戦時残存していた艦艇は大半がスクラップとして解体されているんですね。今から見れば勿体ないのですが、当時の状況を見ればやむなしと言ったところでしょうか。
 そんな話を見ていて、ふと何だか神話に似ているなと思ったのです。
 多くの創世神話には古い神としての巨人がいて、新しい神に倒される事によって、今につながる世界が始まると言う態をとっています。同時に、その倒された巨人の骸からは、多くの豊穣の礎が出た、とも。
 戦いに敗れ、その身を解体された艦艇達が、形を変えて故国の復興の礎となったと考えれば、妙な符合があるな、と感じた次第です。
 ま、考えすぎかもしれませんがね。

 さて、気付は師走、12月ですね。
 まあ、これから一ヶ月は早いですよね。バタバタして、目の前のやらねばならない事を何とか片付け続けている内に、気付けば冬コミ1日目と言った塩梅かと思います。
 インフルエンザも流行を始めているそうで、出来れば穏やかに年末年始を迎えたいですね。
 ま、無理だろうな。
 とりあえず確定しているのは、今年もクリスマスはぼっちだと言う事だ(涙)
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hyourocknikki.blog.fc2.com/tb.php/216-5b0a24d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。