青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:47:21
 2月も半ばを過ぎましたね。早いもんです。
 兵六が小学生の頃、3学期の始業式にて校長が言った言葉「1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言って、あっと言う間に過ぎるから」と言う言葉が、年々染みるようになってきました。
 まあ、年取ってくると、あっと言う間に過ぎるのはこの3ヶ月だけではなくなるんですけどね。


 さて、先日開催されました「谷中ミステリートークの会」略して「谷中ミストの会」に参加して参りました。
 実を申しまして、過去2回ほど参加しましたのは、「宴会」の方でございまして、集いの本筋の方には今回が初参加でございました。
 字面から所謂「百物語」のような集いを想像される方もいるかと思いますが、そう言った怪談話をする集いとは異なっておりまして、語られるのは少し不思議な体験の話、そしてそれらに敬意をはらい、人生に与える意味を考える集いでございます。
 決して興味本位、面白半分の集いでは無い事をご理解下さい。
 ただだからと言って、硬っ苦しい集まりでもございません。
 ふざけるのでは無く、真摯に楽しむ。面白がっているのと、面白いと思うのは、良く似ているようで違うものですからね。

 開催場所は谷根千の一角でして、当初集合場所に直接向かうかと思ったのですが、それではつまらない、せっかくだから軽く谷中見物と洒落込もうと考えを改め、指定の時間より少々早めに現地到着し、散歩とも観光ともつかぬ態で谷中をぶらぶら歩いていました。
 地形的には少し下がった所なんですね。谷中だの、根津だのとは良く言ったものです。
 後は谷中霊園に代表されるように墓地や寺が多いですね。これは寛永寺やらの流れかな。ひょっとすると、寛永寺からさらに鬼門の方へと外れているこの一帯は、江戸時代の初め頃は人の住まざる地域だったのかもしれないなどと、浅い知識で愚考しながら歩きます。
 観光地ともなっている商店街は、なるほど昔ながらの商店街ですね。ただその商店街から少し外れると、細い路地と住宅が並んでいて、明治期からの東京の姿を垣間見る事が出来ますね。
 谷中を過ぎて、今度は団子坂へ。
 物書きの端くれとしては心惹かれる場所です。
 とは言っても、完全に整備されてしまっているので、自宅の周りも似たように坂ばっかの兵六には、見慣れた坂にしか見えませんでしたけど。
 いやいや、目に見えぬ先へと思いを馳せるのも一興。
 指定の時間からは若干早かったのですが、初参加の分際で遅刻する訳にも行きませんので、集合場所へと向かいます。
 程なく参加者の皆様が集合し、会場入り。
 会に先立ち、主催者である大和さんから趣旨の説明がされました。
 恥ずかしながら、屁理屈で固めて生きている兵六は、この会で披露出来る話は持ち合わせていないのですが、聞き役としての参加だからこそ、会の趣旨を違える事があってはならないと思いを新たに致しました。
 で、会で披露されたお話なんですが、後ほど本にまとまる予定ですので、ここで記す事は致しません。
 ご了承下さい。
 ですが、非常に興味深いものばかりですよ。 一読者として本になる事が楽しみになるくらいに。
 ご期待下さい。
 滞り無く会は終了、本日は解散となりました。
 とても楽しく、また充実した時間を過ごせました。
 参加者各位に、改めて感謝を。


 E-5がねえ…。さあ、どの辺りで甲への見切りをつけるか、だな。


 拍手レス
 浮草堂様>
 こちらこそ、お会い出来るのを楽しみにしております。お詫びもございますし…。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hyourocknikki.blog.fc2.com/tb.php/229-cad3adf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。