FC2ブログ
青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2018/08«│ 2018/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:47:43
 お久しぶりの更新となります。
 更新が滞りました理由は、まあ、お察しください。
 もう少し早く、グラ子がドロップすればなあ…。

 てな訳で、先月に開催されました、COMITIA114と第二十一回文学フリマ東京のレポじみたものを。
 そこの方、遅すぎとか言わないでください。
 何分、一月近く前の事なので、一部記憶が曖昧になっている所もあるかと思いますが、ご容赦ください。


 【COMITIA114】
 今回のティアは、開催前に参加者に衝撃がありましたね。
 まさかの抽選。
 抽選自体は初めてではありませんし、実際、兵六も以前落選した事があります。
 ただ、いわゆる拡大スタイルになってからは初めてですから、ここ最近に参加しだした方は、驚かれたみたいですね。
 こうなると、当方のようなピコ手は、当落が半々の運任せになって、ヒジョーに不安になるのですが、何とかスペースはいただけておりました。確か発表は、テキレボ当日の朝だったような記憶が。
 で、色々とスペースが発表されていく中、気付いたんですね。
 あれ、お隣テキレボ準備会さんだ…。
 その時、兵六に少なからぬ緊張が走りました。うわー、こりゃいつも以上に失礼ぶっこけねーと。
 とは言え、生きているだけで失礼みたいな人間なので、たいへんに難しいのですけどね。
 少しだけ気合いを入れて、若干早めに会場入り。
 思っていたより、ギュウギュウ感は無いかな、と言う印象。
 西ホールでやっていた時と同じくらいじゃ無いですかね。通路が狭かったかもしれませんけど。
 因みに、今まで参加した即売会で一番狭かったのは、第1回のテキレボ。広いのはサンクリです。
 スペースに到着して、挨拶もそこそこに設営を開始。まあ、荷物の中から次々と出て来る、珍奇な什器の数々に、近隣の方を呆れさせつつ、もたもたと。
 まあ何とか、1時間以上使って設営完了致しました。
 兵六は、手際と言うものを、もう少し覚えるべきだと思います。
 で、当日の新刊は、この2冊。
 CA3I0363.jpg
 クロウズ・アーリーデイズの第3話「敵にしてはいけないヤツ」と、
 俺のグルメFESTIVALアンソロ未収録作品集「お食事処 煉瓦壁」です。
 「お食事処~」の方は、企画主催の「こんぽた」様で、今回のティアに参加されない方の同様の作品集を頒布すると聞き、その尻馬に乗るべく作った本です。
 やったもん勝ち、とはこの事です。
 さて開場。
 大小問わず即売会なるものにサークル参加された方ならばご存知でしょうが、開催のアナウンスと共に拍手をする、と言うのがある意味お約束になっております。ところが今回、開場時間よりも若干早い時間で、拍手がなされました。
 当日はなんじゃらほいと思っていたのですが、後日、海外漫画フェスタの方で、数日前に発生した巴里でのテロ事件犠牲者を追悼するものであった事を知り、納得。でも、当日にアナウンスは欲しかったなあ…。
 改めて開催宣言と拍手で開場。
 直後、さっとスペースを抜け出し、前述の「こんぽた」様にて頒布されていた「ほほえみの飯テロ爆弾」を頂戴します。何しろ限定30食と伺っていたので「こいつぁ、うかうかしていると手に入れ損ねるぜ」と、真っ先に伺った次第です。
 その後は、いつも通り昼過ぎくらいまでinスペース。日頃お世話になっている方々にご訪問いただけました。ご足労感謝です。
 とは言っても、お隣は前述の通りテキレボ準備会様、さらにそのお隣は「教授会」様と「世間って狭いねー」と言いたくなるような配置ですので、訪れる方も順々にスライドしてくる塩梅。実際、3スペースで話しておりました。
 昼過ぎくらいになりましたので、買い物兼挨拶回りに伺います。
 その際に、失礼を致しました方々には、この場を借りてお詫び申し上げます。
 なんだかんだで、無事終了。
 天気の崩れもさほどでは無いようで、一安心。
 撤収し、帰宅の途につきます。
 「また来週」の挨拶をして。

 【第二十一回文学フリマ】
 さあ翌週です。去年の、連日よりはまだマシとは言え、なかなかしんどいものはあります。
 陽気も何だか、涼しくなってしまいましたしね。
 いやいや、遠方より来られる方に比べればまだマシ。前日だって日曜じゃないの。
 と、自身に発破をかけて、設営から参加すべく会場に向かいます。
 会場着は、8時過ぎくらいですかね。少し早かったみたいです。
 同じく設営に参加される「HPJ製作工房」の森村直也さん、テキレボ代表の御拗小太郎さんとご挨拶。
 主催側から、1階と2階の設営のどちらに担当されますかと訊ねられます。
 兵六のスペースは1階なので、普通なら1階なんですが、2階の方がスペース数=机が多いようなので、ここはと思い2階を担当させて頂く事になりました。
 いやあ、いい汗かきますね。11月だってのに。
 以前から、文フリは設営の人手が足りてないように感じていましたが、参加すると本当に足りない。
 いや、体力を初めとして理由は様々あるかと思いますが、例えばスペースのシール貼りだとか、アンケートの配布だとか、そんな事でも良いんですよね。
 ぶっちゃけ、この手の事はどれだけマンパワーをぶっ込めるかがキモですから。
 実際、今回の設営は本当にギリギリでした。どれくらいかと言うと、設営完了がサークル入場の数分前ってくらいに。
 設営に参加すると、少し早く自スペースの設営が出来ますよー、と謎の誘い文句を書いておきます。
 で、設営開始。今回もまた、もたもたと…。
 出来上がりは、こんな感じ。
 CA3I0365a.jpg
 ここに映っていますが、今回の新刊がこちら、
 めろす表紙
 「走れメロス」を題材にした「走らせた王」です。
 凄いや、週刊で新刊が出るなんて! ペラいけどね。
 とは言え、見本誌コーナーで見て面白かったのでもらいに来た、と言う方もいらっしゃいまして、それなりに手応えを感じる結果となりました。
 ありがとうございました。重ねて感謝を。
 さて、前週の「お食事処~」とこの「走らせた王」は、いずれも中とじ製本なんですが、これは百均で買った中とじ用のステープラーを使っているんですね。これ、中々使えます。
 今回の文フリでは、タリーズも食べました。昼時になると最大手になるので、開場直後に買いまして、後で買い物に出る時に休憩所で食べるかなーと思っていたんですが、まあその頃休憩所も満杯の様子だってので、結局スペースでもさもさと食べていました。
 前週に引き続き、様々な方にご挨拶いただいたのですが、その中で、ティアの時にお隣だったサークル「パプロピカソ(本人)」の方もいらっしゃいました。ティアの時はご迷惑ばかりだったので、申し訳ないくらいです。
 今週もイベントは無事終わり、打ち上げへ。
 この打ち上げの場で少しサプライズな出来事が。
 主催さんから「この場で自分の本をアピールしても良いですよ」とのアナウンスがあったんですね。
 程よくアルコールが回っていた兵六「面白いけど、本は今、ヤマトさんが持っているしなあ…」と、そこまで考えたところで「あ! ミスコレが手荷物の中にあった!」と思い出して、慌てて参加致しました。
 結果として、その場で兵六が持っていた分は全て売れまして、編集長からの指示「年内に売り切る事」を辛うじて達成出来ました。
 この場を借りまして、貴重な機会をいただいた主催と、お買い上げいただいた方々に、改めての感謝を。


 これにて当POINT-ZEROの、2015年の即売会参加は全て終了致しました。
 お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。
 来年もまた、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hyourocknikki.blog.fc2.com/tb.php/257-5fac9281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。