FC2ブログ
青銭兵六の、やくたいも無いブログ
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:53:16
 今回のブログは続き物。
 よろしければその1から、お読みください。

 訓練展示も終わり、来賓の皆さんが食堂へと移動する中、グラウンドへと出て、先程10式がえぐった跡を見ながら、戦車が駐車しているエリアへと移動します。
n201608a.jpg
 しばらく見ていたら、これはびっくり。移動を開始しました。結構側に人がいるのに。
 ちゃんと周囲に人は配されていたので、安全面は問題ありませんが、間近で戦車が動くのを見ると、軽く興奮しますね。
 あ、あれだ。航空祭で、最後の最後に帰る機体を見送るのと同じだな、と思ったり。
 マニア向け画像ぱーと2
n201609a.jpg
 上10式、下74式のクローラのパターンです。10式は深いなあ。

 グラウンドでは戦車の体験搭乗(決してタンクデサント兵体験ではありません)が始まっていましたが、ふと横を見ると装甲車の体験搭乗もしておりました。
 こちらは整理券など必要無く、並べば乗れるとの事ですので、早速並びます。
n201610a.jpg
 96式装輪装甲車と言う代物です。
 もう一つ、後ろに小さく写っている軽装甲機動車にも乗れたのですが、折角なら娑婆っ気の欠片も無い方に乗りたい(後部ハッチがランプになって、そこを伝って搭乗)ので、こちらを選択しました。
 中は撮影禁止でしたので、詳細も述べるのを控えさていただきますが…。いや、狭い。
 兵六は成人としては小柄な方なのですが、それでも窮屈に感じました。いやなるほど、戦場に向かう兵士はこう言う感じか、とイマジネーションを働かせながら、駐屯地内一周の走行体験です。
 思ったより、乗り心地は悪くなかった印象ですね。乗用車と比べるのはアレですが、二度と乗りたくないと思う代物ではありませんでした。

 その後は、展示されている装備を見物。
 かなり奥まった所に人だかりがあるので何だろうと思って行ってみると、87式警戒偵察車(RCV)と155ミリりゅう弾砲(FH70)の解説を伴う展示が行われていました。
 RCVの方は、観客ギリギリで止めると言う、離れ業をしていました。だって、操縦席の窓ってスリット同然のキューポラだもの。車長が身を乗り出すようにして指示を出していましたね。
 でFHは、展開から実際の砲撃までの流れを披露していました。
 解説役のWACさんが中々平易な文言での解説をされていたんですが、問題は一般人にとって、砲兵ってのは一番遠い存在だったって辺りでしょうか。何しろ、他と違って戦争にならなきゃ用の無い部隊だから、馴染みが無いですよね。
 いや、平和って素晴らしい。
 ただ、その解説の中であっさり気味に言ってたけど、兵六には気になった下りが。
 最大射程の話で(註:スペックは公開されています)、ここから某夢の国や羽田まで届きますと言ってたんですよね。
 ほう、なるほど、中々さらりと重要な事言うね、と思ってしまいました。
 これはあくまで、兵六の勝手な感想なので、何が重要に思えたのかはこの場では伏せさせていただきます。

 他にも色々展示されていたのですが、おっと思って体験させてもらったのが、こちら。
n201611a.png
 暗視装置の体験コーナー。
 いや、こんなものあったら、やらないわけにはいかんでしょ。
 少し行列もあったんですが、迷わず並びます。
 案内役の自衛官の方が「30分程待ちますけど、よろしいですか?」と言って来たので「良いですよ」と即答して並びます。
 手際の悪い壁大手に並ぶより、余程マシでしょ、とは言いませんでした。通じそうだから(笑)
 体験の内容は、コンテナの中に入り、案内に従って実際の暗視装置を覗かせてもらうと言うもの。
 真っ暗な室内なんですが……、
「見える! 私にも見えるぞ!!」
 そんな感じで軽く興奮。
 物書きにとって、それがどんな風なのか、体験できるのは貴重ですよね。

 展示品を見終わった後、実は少し楽しみにしていた場所へ。
 写真は人が多すぎたので無いのですが、駐屯地内の共済センター、いわゆるPX、旧軍で言う所の酒保の見物です。
 普通、こんな所開放しないと思うんですが、中に某大手チェーンコンビニが入っているから、一般にも開放されていました。
 コンビニの脇にある、隊員向けに演習用グッズを取り扱う、別名「死の商人(笑)」と呼ばれる「シナノヤ」さんを見物。店内は、ここぞとばかりに買物をするマニアでごった返していました。

 そんな訳で、駐屯地の見学は終わりです。
 中々、濃密な内容だったんじゃ無いでしょうかね。

 おまけ。
 PXに向かう途中、上空をAH-1Sと思しき機影が通過して行ったように見えました。
 はっきりと確認したわけじゃ無いですが、ほっそりしたシルエットにスタブウィングの張り出したがあったように思えたので、多分、間違いないんじゃないかと。 
デモには参加していなかったので、通常の訓練ですかね。

 おまけその2
 終わった後、連れに付き合ってアキバまで繰り出したんですが、路上の客引きのねーちゃんで1人、ビキニトップで頑張っている人がいました。
 おっぱい大きかった(←おい)
スポンサーサイト


コメント
No title
うッ羨ましいいいいい!
ものすごくワクワクな体験をなさっているううう!
私も装甲車すっごい乗ってみたいです。
乗れないんなら見るだけでも良いから!
そして、私事ですが「どんなに拳銃使うのが上手くても、戦車相手に生身で勝てねえだろ」と、自作小説作中に戦車を出さなかった自分に安堵しております。助かった……。

浮草堂美奈│URL│2016/04/13(Wed)20:08:26│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hyourocknikki.blog.fc2.com/tb.php/261-6ce97a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

青銭兵六

Author:青銭兵六
文芸同人サークル
「POINT-ZERO」主宰
サークルwebサイト
「煉瓦壁」もよろしく

時刻
イベントカウントダウン



by.yzakka
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
現在の閲覧数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。